toggle
2017-06-07

縁を大事に芋焼酎「えにし」を頂く

最近の十割つけそばムラマサ夜の状況というと・・・

まずは予約のお客様、宴会希望、の方が結構いらっしゃる状況になってきた。

お客さんの話からすると根津駅近辺にお住まいの方も以外にも、東大関係者、東大病院関係者か、日本医科大の関係者といった病院関連の方も結構いらっしゃる。

さらに、夜のご常連様が、ちょっとレアな焼酎や美味しい日本酒を求めて夜な夜なご来店。ボトルをキープされる方も数名。

それで、いつも常時置いてあるお酒のほかに、まずはこんなお酒をご用意させていただいた。

「縁(えにし)」という焼酎。

縁は決して飲みにくいお酒ではない。いも焼酎特有の芋の香りはするものの上品な香りで、あまい香り。

なんでも紅黄金という芋で、この焼酎のための芋から作られている特別なものらしい。

酒屋の受売りだが、蒸留の仕方も特別で、最近になってさらにおいしくなったらしい。

このお酒、結構希少で、縁会という会に入っている酒屋にしか卸していない。ムラマサでも、食器類の買い出しのついでに、浅草、かっぱ橋の「升宏」(酒屋)さんまで買っている。

脱線するが、この酒屋さん希少なお酒を置いてあるようで、何かと相談に乗ってくれそうである。

因みに同じ時を書いて「えん」という日本酒もある。こちらはあまり日本酒を召し上がらないどちらかというと女性向けの飲みやすい日本酒。

 

私の好みとしては、焼酎や、泡盛ものロックには蕎麦も合うが、ひこま豚の料理の方がおいしく頂ける。

写真は、ひこま豚の生姜焼き。

関連記事